ブログ

【Your design】#3

2020.02.02 F-design

こんにちは❗
F-design社会人メンバーの“きたりばー”こと北川です‼️😎

新年会シーズンも終わりあっという間に2月ですね。☃️

突然ですが、皆さんは飲み会の最後に一本締めをやったことはありますか?🍺💡

よぉーおっ!、パンッ!」と「1回だけ拍手して終わる」のは実は一丁締め”。👏

拍手を3回×3をしてから最後に1回拍手」で綺麗に全員で合わせて終わるのが本来の一本締め”らしいですよ。👏👏👏

…皆さんご存知でしたか?😁笑

 

さて、余談はこの辺に致しまして
「Your design」の第三回目!☝️☝️☝️
私が紹介するのは、石川 智子(イシカワ トモコ)さんです❗

彼女とは、「働くみんなの静岡おしゃべりナイト」という企画で知り合いました。富士常葉大学の保育学部を卒業後、現在は富士市立松野こども園で保育教諭として働いています。

感受性豊かで、細かい気配りが出来るとても素敵な方なので、私もすぐに仲良くなり、今回のYour designで紹介させて頂くことになりました。😌✨

智子さんは幼少期、自分の気持ちを中々外に出せなかったことから、“今の子ども達には楽しく園に来てもらいたい!”という思いが生まれ、保育教諭を目指したそうです。✊

学生時代は、外の保育現場を見て学びたいと自ら手を挙げて、県外だけでなく海外にまで足を運んだことがあるとか…❗😲スゴイ
現在も自らの保育の質を高めるために、勉強や研修会、学会にも積極的に参加しているとのことです。(ハングリー精神の塊ですね…!)

 

仕事のやりがいは?と聞いてみたところ、
現場において正解はない中で、どうやれば子ども達にとって最善の利益になるかを模索していくことです。そして、子ども達と気持ちが通じあった瞬間は嬉しいし、一番のやりがいです。」と話してくれました。☺️

そんな智子さんの座右の銘は
“昨日より今日、今日より明日だそうです❗
現状に満足せず、常に反省、実践を繰り返して昨日よりもいい保育を出来るようにしていきたいとのこと。
(北川も見習いたいところですねコレは。😂)

 

幼児期は人間形成の基礎が培われる重要な時期であり、その時間の大半を親御さんから任される保育教諭は、難しく責任のある職業だと思います。
その中で、子どもを任されることに誇りをもって保育に挑む智子さんの姿はとてもカッコいいなと感じました❗✨
これからも子ども達の笑顔のために頑張っていって欲しいですね‼️😆✊

 

以上、Your design第三回でした❗

富士市には素敵な方が沢山いますね❗✨
さて、次はどんな方が登場するのかなー?😆